カワチェン
Asian Classics Instituteテキストによるチベット語で学ぶ仏教 
ACI(Asian Classics Institute)は、仏陀の教えを真剣に勉強し、修行することを目的として、ACIP(Asian Classics Input Project)の創立者により設立されました。

六つの仏教書のエッセンスを正式なコース(教材)として15シリースに要約し、ニューヨークで七年間に渡って教えてきました。

ACIでは、正式なコース(教材)を、参加できなかった人が利用できるようにするために、オンライン・コースを用意しました。これにより、どこに居ても、自分のペースとめざすレベルに合わせて幅広い仏教の学習を遂行することができます。

ただ、これらの教材はとても役に立つものですが、真剣な仏教の修行者にとって、資格のある先生と会い、修行する教えの系統に関して必要な指導や個人的な指導を直接受けながら勉強することが非常に重要であることを、ACIも強調しています。

カワチェンでは、ACIの許可を得て、上記コースのうち、下記のコースの一部の日本語訳をボランティアの方のご協力により用意しました。

CourseT:仏教の根本教理
はじめに ─マンダラ・帰依と発菩提心・廻向・供養─(PDF)

(1)ツォンカパ著 『道の三つの根本 [lam gyi gtso bo rnam gsum]』(PDF)
 
  「ゲシェー・ロプサン・タルチン師による序文」(PDF)

Copyright (c) 2013 Kawachen. All Rights Reserved.